形符(けいふ)と声符(せいふ)

形声文字で、カテゴリー(意味、分野、種類)を表す部品のことを「形符」といいます。また、発音(音読み)を表す部品のことを「声符」といいます。

例えば、漢字「江」で、左の部品は「水、川」関連の意味を表す「形符」で、右の部品は「コー」という発音を表す「声符」です。

また、漢字「霜」で、上の部品は「雨、気象」関連の意味を表す「形符」で、下の部品は「ソー」という発音を表す「声符」です。

意符(いふ)と音符(おんぷ)

日本で普及している 多くの国語辞典や 漢和辞典では、用語「声符」の代わりに用語「音符」が使われています。

また、用語「形符」は、使われていないか、代わりに用語「意符」が使われています。

まとめ

当サイト『漢字の分解』では、形声文字のカテゴリー(意味、分野、種類)を表す部品を「意符」、発音(音読み)を表す部品を「音符」と呼びます。