部首(ぶしゅ)

漢和辞典は、漢字を部首ごとに分類して並べています。「山」や「人」、「犬」、「上」、「止」などのシンプルな漢字を含めて、すべての漢字はいずれかの部首に所属します。

漢字「互」の部首は『二』、漢字「半」の部首は『十』のように、判別しにくい分類もあります。多くの漢和辞典では、214種類の部首を採用していますが、使いにくいものが含まれています。

意符(いふ)

部首の中で、漢字の部品として明確に分けられるものを 意符と呼びます。当サイト『漢字の分解』では、93種類の意符を採用しました。

意符が分かると、漢字のカテゴリー(意味、分野、種類)がつかめます。さらに、意符以外の部分から、音読みが推理できるようになります。

まとめ

《漢字の部品として明確に分けられる》部首のことを、意符と呼びます。意符が分かると、漢字のカテゴリー(意味、分野、種類)がつかめ、音読みも推量できます。